ご年配の方にこそウォーターサーバーを

ご年配の方にこそウォーターサーバーを

先日来、うかがっているお宅は65歳の奥様と72歳の旦那様の二人暮らしです。

息子さんが二人いらっしゃいますが、すでに独立されて、遠くで生活されており、里帰りされるのは1年に1回程度だそうです。

お孫さんを連れて帰省されるその時を楽しみにされているとのことですが、お二人ともとてもイキイキとして若々しく毎日の生活を楽しまれていることがわかります。

お二人の若さと健康のポイントはウォーターサーバーにあると言ったらちょっと驚かれるでしょうか?

そうです、ウォーターサーバーでお水をこまめに飲んでいるので、お二人とも肌はみずみずしく、そして血液もサラサラなのでしょう。

私は毎月10日に12リットルボトルを2本お届けしていますが、とりあえずは2本でちょうどよいくらいの使用量だそうです。

私はウォーターサーバーをご年配の方にこそおすすめしたいですね。

何といってもお水のおいしさは格別ですし、重たい水を持ち運ぶ必要がないのが最大のメリットです。

それまではスーパーで2リットルのペットボトルでまとめ買いされていたそうですが、かなり重いですから腰を痛めないかといつもハラハラしていたそうです。

ウォーターサーバーを始めてからは重いボトルは玄関先まで配達してくれるのでとても楽になったそうです。

また、朝起きてすぐ、お風呂上がりなどはコップ一杯必ずウォーターサーバーの水を飲んでいるそうです。

これはとても大切なポイントで、高齢の方は血液をサラサラに保つためにもこまめに水を飲むことが大切です。

冬なら1リットル程度、夏なら2リットルくらいを目標にこまめに水を飲むようにしましょう。

「お茶やコーヒー、紅茶はこの水分補給の数量に入りますか?」という質問をよく受けますが、お茶やコーヒー、紅茶は利尿作用があるので、飲んだ分だけ水を補給する必要があります。

わかりやすい例としてはコーヒーを1杯乗んだら、コーヒーカップ2杯分の水を飲む必要があります。

コーヒをの飲むとトイレに行きたくなるのはこの利尿作用によるものです。

ウォーターサーバーを選ぶ際に参考になるサイトがありますので、ぜひ参考にされてみてください。

健康を意識した水の飲み方選び方

2014年4月28日|

カテゴリー:コラム