健康のためにウォーターサーバーを

健康のためにウォーターサーバーを

私がウォーターサーバーをオススメする理由はこまめに水分補給するという、健康にとても効果的な習慣が身につくからです。

人間の体は60%以上が水分ですから、水分が不足すればいろいろな不具合が生じます。

その典型的な例が熱中症です。

真夏の炎天下で2時間も水分補給を一切せずにスポーツをしていれば、まず間違いなく熱中症になるでしょう。

これは極端な例としても知らず知らずのうちに水分不足になっていることはあるのです。

例えばお酒を飲んだ時などで、ビールは喉が渇いたときのビールのおいしさは格別ですが、ビールを500ミリ飲むと550ミリの水分が失われます。

深酒をした翌朝、喉の渇きを感じて目が覚めることがありますがあれなどは喉の渇きの典型例と言っていいでしょう。

水分補給は喉が渇いたと思ってからでは遅く、こまめにちびちびと水を飲むのが基本です。

またお風呂上がりにビールを飲むのが楽しみという方も多いと思いますが、健康を考えるならばビールよりも良質な天然水がおすすめです。

お風呂上がりには体はかなり水分が汗となって失われており、血液がドロドロになっている可能性が高く、ここで水分が不足していることが脳卒中や脳梗塞の原因ともなりかねません。

また夜、就寝中にも人間は牛乳瓶で1本から2本程度の汗をかくといわれており、それだけ水分補給が必要なのです。

寝る前にコップ一杯のお水を飲み、朝起床後にはできるだけ早めにコップ一杯のお水を飲むことを習慣にしたいものです。

また食事からも水分は補給できますが、健康面を考慮すれば水そのものとして飲むのは秋冬で1から1.5リットル程度、春夏ならば1.5から2リットル程度は飲みたいですね。

こうして考えてみると、毎日の生活のパターンの中でも一日にこれだけこまめに水を飲む必要があるということであり、この生活スタイルにウォーターサーバーがどうお乳されればとても便利だと思いますよね。

水分補給を意識してウォーターサーバーの導入を検討されるならば、こちらのサイトを参考にしてみてください。

2014年4月25日|

カテゴリー:コラム